音楽教育のメリットとは?

音楽教室は楽器の演奏や音楽を学ぶための場所です。しかし、楽器をマスターすることは、公式の音楽教室であれ独学であれ、音楽の知識やスキル以上のものを与えてくれます。以下に音楽教育のメリットを6つご紹介します。

自己啓発とモチベーションを高める

モチベーションがなければ、楽器の練習はできませんし、上達することもありません。モチベーションは、練習して成長したいという自分の気持ちと、先生や指導者、両親、クラスメートからの励ましで感じることです。生産的な練習は、自分の演奏が上達するのを見ることで、さらに練習を続けられるという好循環をもたらし、自己啓発とモチベーションを向上させてくれます。

自制心、組織力、自立心を高める

保護者に支えられている幼い子どもたちにとっても、音楽教室は自立と整理整頓を促す環境を提供しています。音楽教室に通うには、決まった日時に、決まった楽譜、練習帳、その他の学習用品を揃え、きちんと準備をして臨まなければなりません。

アンサンブルやシンフォニーで演奏する場合、毎月の音楽レッスンで先生のサポートを受けつつも、ほとんどの時間を一人で練習に費やすことになります。練習を計画し、実行することで、自立心を向上させることができます。

セルフエスティームと自信を高める

音楽指導の最も大きな利点は、自信をつけることでしょう。音楽の授業では、生徒たちは先生からコメントや批判を受けます。その批判をどう受け止め、前向きで建設的なものに変えていくかを学ぶことは、自信の育成につながります。また、先生や審査員、聴衆のために音楽を準備し、演奏することは、どのようなレベルであっても難しいことです。演奏の不安の対処法を学ぶことは、より良い自信と感情的な回復力を育みます。この2つは、プレゼンテーションや人前で話すなど、人生の他の局面でも使えるかもしれない貴重なライフスキルです。

協調性、身体的・精神的能力の向上

楽器を学び、演奏すると、協調性と大小の運動能力の発達を促すことができます。楽器の演奏は両手を使う必要があり、協調性とタイミングを向上させることは、ダンスや陸上競技など他の身体的な追求にも役立ちます。

音楽と算数は切っても切れない関係にあり、音楽を学ぶ人は、メーター、リズム、スケールの学習を通じて、割り算、分数の組み立て、パターンの認識などを学ぶことができます。また、楽器を学ぶことで、推理力、情報処理速度、記憶力などの認知能力を向上させることができるとされています。音楽を学ぶことは、幼児が話したり書いたりする能力をより早く発達させるのにも役立ちます。

チームワーク、コラボレーション、ソーシャルスキルの向上

グループ音楽のレッスンやプログラムは、チームワークを奨励しながら、バンドやオーケストラなどの大きなアンサンブルに自分の個々の貢献を大切にするための教育を行っています。チームワークは、大人になっても重要なライフスキルの一つです。

充足感を感じる

ピアノの1級に合格するため、音楽大学のオーディションに合格するため、あるいは趣味で演奏するため、楽器を演奏したり勉強したりすることは、素晴らしい充実感をもたらしてくれるでしょう。これは、楽器を演奏する理由が何であれ、同じことです。